・ MOZメインコンセプト ・

操作において重要視すべきラインテンションは、

アングラー側の動作からワンテンポ遅れて掛かり始める事から、

ロッド自体もラインテンションと同じようにワンテンポ遅れてジワっと力強く返る事で、

ジグへと伝わるラインテンションはロッドアクションとシンクロし、

ロッドアクションと共にジグが水を噛みます。





・ マテリアル + プロセス + ノウハウ ・

MOZは全て自社にてハンドメイド製造し、

ブランクのポテンシャルを極限まで引き出す為に、

装飾等の使用では無駄となるものを極力省いたスタンダードモデル。





・ ブランク ・
最高品質の国産フルソリッドカーボン素材を、日本国内で高精度加工したブランクを採用。
折れへの強さ はチューブラーブランクでは再現不可能な高強度を有します。
完成ロッドに各種パーツが付く事をブランク設計段階で考慮し、
曲りが綺麗に繋がるよう調整を繰り返したブランク設計と専用パーツ設計&素材。
これにより美しいベンドカーブと滑らかなパワーカーブが得られます。



・ ガイド ・
タカミテクノス独自の、
長期使用でも抜ける事が無いガイドの固定方法。
保持力の高いスレッディング方法は剛性が高く、感度にも好影響。
多点小径オールチタンシングルフットガイドセッティングにより、
高伝達性、美しいベンドカーブにも貢献。
特筆すべきは、ガイドフットの長さ=スレッド幅という無駄・邪魔を排除した方法。



・ 軽量硬質高強度ソリッドアーバー ・
高負荷に耐えるソリッドブランクを採用するにあたり、
リールシート内部には独自開発した高強度軽量素材。
リールシート内部は、空洞の無いソリッド構造とし感度にとって雑味となる反響・残響を抑制。



・ 塗装 ・
高耐久性・高対候性の高級塗料にて、
コストの掛かる吹き付け塗装と工程にて高品質と安定性。





・ MOZ620 LMシリーズ ・
MOZオリジナルシリーズとしてメインコンセプトを完全に適える為のスペックと個性を備え、
MOZシリーズの
基準 となるシリーズです。
620ナンバーはゆっくりなテンポのジャークスタイルが得意です。





・ MOZ520 LMシリーズ ・
520ナンバーは唯一、速いテンポのジャークスタイルに向けた仕様を備えてます。
5.2ftと短いレングスでも、
決して棒ではなく
を備え、MOZのメインコンセプトを継承し、
柔と剛をバランスよく感じていただけます。
ショートレングスですので、
こういった特徴から、速いテンポのジャークスタイル以外にも
深い水深で重いジグを扱う際にも活躍するシリーズとなっております。





・ MOZ620 LightZEROシリーズ ・
近海ライトジギング向けの仕様となります。
速いテンポのジャークもゆっくりなテンポのジャーク共にバランスが良いシリーズです。
ライトジギングは比較的水深の浅い30〜120m前後を主とする為、
MOZ620LMシリーズのようにバットまで深く曲り込みベリー〜ティップが強い調子ではなく、
LightZEROシリーズは、バットは強くティップは柔らかい仕様となります。
ライトジギングではこのような調子が極めて扱いやすく、
多くの海域と状況で楽しむことが可能です。
また、このような調子と使い分けやすいバリエーションに加え、
フルソリッドカーボンブランクですので、
鯛ラバやインチク等の
巻物用 としましても大活躍出来るシリーズとなってます。




水深毎の使い分け例

水深80〜300m前後のマルチな場面で活躍するMOZ620LMシリーズを基準とし、

・ 水深浅い30〜120mの場合は、MOZ620 LightZEROシリーズ。
・ 水深が深い200〜400m、または潮が複雑でラインテンションがジグに伝わりにくい場合はMOZ620HMシリーズ。
・ 水深が300mオーバーで、かなり深く重いジグを使用する場面ではMOZ520LMシリーズ。





御取扱店
御購入方法